スーパーで売られる野菜や果物に農薬は残留しているのか?〜オゾン水の活用と普及

スーパーで売られる野菜や果物に農薬は残留しているのか?〜オゾン水の活用と普及

普段の食生活に欠かせないスーパーの食品。そのなかでも野菜はさまざまな料理に使う食材であり、健康にも欠かせない食品のひとつです。スーパーへ行けば、キレイに陳列されている野菜や果物を、さらに吟味し新鮮で美味しそうなものを選ぶのが一般的でしょう。

みなさんは野菜や果物を選ぶとき、なにを見て選んでいますか?鮮度や色、汚れていないか、などさまざまだと思いますが、少なからず「国産」のものは安全だと思っていますよね。しかし、日本の野菜や果物には「農薬」が使われ、それが「残留農薬」として注目されているのを気にしている方はどのくらいいるでしょうか。

スーパーで売られている野菜や果物には、「無農薬」または「オーガニック」と記載や特別コーナーじゃない限り農薬が使用されたものです。しかし、見た目にはわからないことと、それを食べたからといって苦情や健康被害があったという問題もほとんどないため、普段から農薬について気にする人が少ないのです。

しかし、実際に日本で使われている農薬は海外では禁止になっているものもあり、その基準も気になるところ。農作物に農薬が使われているのはなぜなのか?その農薬は、普段消費者が食しているスーパーの野菜や果物に残留しているのか?また、その残留農薬を一般家庭でしっかり落とすにはどうすればいいのか?

小さなお子さんがいるご家庭や、健康に気をつかわれている方は、特に心配ですよね。そこでこの記事では、そんな疑問や気になることを徹底的に解説していきます。今後、野菜や果物を摂取する際の参考になれば幸いです。

スーパーで売られる野菜や果物には必ず農薬が残留している事実

わたしたちが普段スーパーで買う野菜や果物には農薬が残留しているのか気になります。特に小さいお子さんや妊婦さんがいらっしゃるご家庭の方は、家族の健康について関心が高くなるのは自然なことです。たしかに、普段スーパーから購入した野菜や果物を食べても体調が悪くなったりすることはありません。むしろ、体に必要な栄養源として食べているので健康になった気がしますよね。

そんな日常的に食しているスーパーの野菜や果物には残留農薬があるのでしょうか。農作物によって農薬の散布回数や育ち方は違いますが、『スーパーの野菜や果物には必ず農薬がついて』います。しかし、その量はごく少量です。ただ、その残留農薬はどのように検査されて、国内に流通されているのでしょうか。

【残留農薬の検査と基準】
国内に流通する食品については、自治体が市場等に流通している食品を収去するなどして、監視指導計画において検査予定数を決めて検査を行っています。輸入食品については、輸入の際に検疫所への届け出が必要ですので、届出された輸入食品のなかから、輸入食品監視指導計画に基づいてモニタリング検査を行います。違反が確認された場合は、その食品を破棄させたり、原因究明や再発防止を指導するなどの措置を講じます。
(参考:厚生労働省『食品中の残留農薬等はどのように検査されている?』より)

日本の残留農薬の基準設定は、毎日一生涯にわたって摂取し続けても健康への悪影響がないと推定される一日あたりの摂取量(ADI:一日摂取許容量)を食品安全委員会が設定した上で、これを基に農薬等として使用される物質の推定される摂取量がこのADIを超えないよう、食品 ごとの基準を設定しています。

このADI設定の考え方は国大的に共通していますが、食品ごとの基準については、各国がそれぞれの国の事情に基づいて定めています。例えば、残留 農薬の基準を個別に比較した場合、日本と諸外国との気候風土(高温多湿等)や害虫の種類の違いなどにより、農薬の使用方法や検査する部位が異なる(玄米と 籾米など)ことなどから、基準値が異なる場合があります。

そのため、残留農薬の基準については、日本の方が厳しい場合もあれば、諸外国または国際基準の方が厳しい場合もあり、一概にいえないのです。次の表を見てください。

日本の残留農薬等の基準は国際的に見て厳しいのか?
日本の残留農薬等の基準は国際的に見て厳しいのか?

※1 基準未設定のため、一律基準(0.01ppm)が帝王される。
※2 アメリカではポストハーベスト農薬として設定されていることから、日本と比べて高い値となっている。
※3 小麦については収穫後に使用され、残留量が多いポストハーベスト農薬として設定されていることから、米と比べて高い値となっている。
※4 日本では諸外国との環境の違い(高温多湿等)により、使用方法が高濃度であったり、収穫時期により近い時期まで可能となっている等の理由で高い値となっている。
(引用:厚生労働省『残留農薬等の基準値の比較』より)

このように、国際的にそれぞれ定められた残留農薬の基準があります。基準はありますが、つまるところ『スーパーの野菜や果物には残留農薬はある』といっているようなものですね。それでは、その残留農薬はどのような薬剤なのか、次から解説していきます。

野菜や果物に残留する農薬はどのような薬剤なのか

野菜や果物に残留する農薬はどのような薬剤なのか
野菜や果物に残留する農薬はどのような薬剤なのか

実際にスーパーで売られている野菜や果物には、どんな農薬が使われているのでしょうか。残留農薬は、収穫前の一定期間に使用した農薬が作物に残ってしまったものです。病害虫や雑草の防除など農作物に散布した農薬はすぐには消えません。このため作物に農薬が付いたまま作物が収穫され、私たちの体内へ入ってしまいます。

【どのような薬剤か】
日本では、ネオニコチノイド系の農薬であるイミダクロプリド、クロチアニジン、チアメトキサム、ジノテフタンの4種は稲、果樹、野菜などに幅広く使用されています。これらは農家による害虫の防除に欠かせません。他にも3種類のネオニコチノイド系農薬が登録されています。

農家は生産量を保つためにも、病気を防ぎ害虫の発生を防ぎたいのです。さらに人手不足の現状やコストを考えると農薬を減らすことはとても難しいことがあげられます。しかし消費者にとっては「登録されている農薬だから大丈夫」「摂取し続けても人体には影響が出ない量だ」と言われても、出来るだけ残留農薬が少なく安全なものを食べたいのが本音です。

【人体への影響】
大人でも継続的に残留農薬を摂取していると、ガンになったり神経系や免疫系へ悪影響を及ぼしたり、ホルモン異常への関連性が指摘されています。人それぞれに体質や免疫力の強さは違うわけですからね。

また遺伝毒性という遺伝子そのものが損傷を受け、DNAに及ぼすリスクも報告されており、大量の残留農薬が体内に入ると遺伝子そのものが損傷する危険性も指摘されているのです。さらには日常生活にも喉の渇き、めまいや目の充血・痛み、皮膚のかぶれ、吐き気、嘔吐、発熱、だるさなどの症状が現れます。

これは先述した『毎日一生涯にわたって摂取し続けても健康への悪影響がないと推定される一日あたりの摂取量』という、日本の残留農薬の基準設定は『すべての人にはあてはまらない』ことになりますよね。実際に上記のような症状が現れる人がいるのですから、日本の食の安全に不安を覚えるのも無理はありません。

残留農薬は野菜や果物についていても微量なため、普段から気にすることが少ないのが現状です。また、少なからず野菜を調理するときは水洗いをしてから使用するため、それで汚れがキレイになったと勘違いしていることも『安心』だと感じる要因です。確かに水洗いでも残留農薬は落ちますが、完璧に落とそうと思うなら水洗いだけでは不十分です。

野菜や果物は、外側の皮をむけば汚れや残留農薬を摂取せずに済むと考えている方も多いでしょう。しかし、実際の栄養は皮と身の間に豊富に含まれていることが多いです。人によっては野菜を洗わずにそのまま使う方や、皮だけの料理を作る方もいます。この場合、残留農薬がそのまま体内に摂取されることになり、たとえ微量でもそれが蓄積するとどうなるか考えるだけでも恐ろしいですよね。

できることなら、自宅で簡単に残留農薬を完璧に落として安心安全で野菜や果物を食べたいものです。その方法については後述します。それでは、農薬にはどのような効果があり、なぜ使われているのかをお話していきます。

その農薬にはどのような効果があり、どうしてそれが使用されているのか

農薬の役割は簡単にいうと「農作物を病害虫や雑草、ウイルスから守るための薬」です。農薬を使用することで、農作物の収穫量の確保や品質を維持することにつながり農家の負担を軽減しています。

もし、農薬をまったく使わなかった場合、その農作物は病害虫やウイルスなどの被害を正面から受けてしまい、多くの作物が栽培できなくなってしまいます。農薬は収穫量の確保や品質を維持するために、有効かつ簡便で経済的な手段なのです。

一方で、農作物に付着した残留農薬は農家がもっとも頭を悩ませている問題の一つでもあります。農作物の収穫を上げるために農薬を使用しているのですが、出荷前に農薬を除去できる方法の開発が待望されているのが現状です。

【農薬を使用しない場合】
過去には農薬をまったく使用しないで栽培する実験も行われたのですが、幸運にも一部の農作物を栽培できたとしても少量の出荷となってしまうため、その農作物の価格が何倍にも高騰するということが起きます。つまり、現代社会において農作物に対して農薬を使用することは非常に重要なことなのです。そのため、農薬に不安を抱くのではなく、農薬を正しく理解して調理する際に上手に取り除くことが重要です。

【一般的な消費者の傾向】
一般的なお客さんはスーパーの野菜や果物を見るとき、虫食いで穴が空いている野菜よりも、虫食いや汚れがなく見た目にもキレイな野菜の方が好まれます。そのとき、残留農薬について考えてキャベツを選んでいる人がどれだけいるでしょうか。また、農薬のことはわかっていても『洗って使うから大丈夫』といった考えが大半でしょう。

もし購入した野菜のなかに虫がいたらスーパーにクレームが入ることも考えられます。そのクレームによって、お店の評判が下がることがあれば、値段を下げなくてはいけなくなることも。実際に味は変わらなくても、虫食いや汚れのあるものには抵抗がありますから、どうしても「安い」「見た目がキレイ」「虫がいない」野菜や果物をスーパーは好むのです。

そうすると、必然的に農薬を使用した野菜や果物の方が仕入れる量が多くなります。野菜の種類によっては、形がいびつだと料理の見た目にそぐわない場合もあるかもしれません。料理は見た目も大事ですからね。

ただ最近は、『わけあり』として、形の悪い野菜や少し日にちが経ったものを特別に安く販売していることも少なくなく、消費者は味に変わりがないことや、その日に消費するということを踏まえて購入する傾向にあります。

これは見た目が少しくらい悪くても、消費者は購入してくれるという実績になり農家やスーパー、消費者それぞれにメリットがある非常にいいアイディアです。農薬があるないにかかわらず、「見た目は気にしない」傾向にあるということではないでしょうか。

農薬があるから、たくさんの野菜や果物を収穫でき、消費者はそれを摂取できるのも確かです。ですが、少しずつでも農薬を使用せずに農作物を量産できる方法を開発してほしいものですね。

野菜や果物のどの部分に農薬が残りやすいのか

残留農薬の大部分は皮(表皮)に付着しているため、皮を剥くことができる野菜や果物は、そうすることで確実に大部分の残留農薬を除去できるといえます。しかし、先述した通り野菜や果物の栄養価は皮の近くにあることも事実で、できることなら皮ごと食べたいと考えている方も多く、実際に皮ごと、または皮だけの料理を調理するという方も多くいます。

農薬は目に見えないですし、臭いもないのでもし残っていてもわかりません。リンゴやじゃがいもなど、皮に栄養がある場合は、心配なら皮をむけばいいかもしれません。しかし、キュウリやトマト、ピーマンなどなかなか皮がむけない野菜もあります。そのまま食べる『葉物野菜』(レタス、ほうれん草、小松菜、セロリ)やイチゴなどはさらに難しいです。

葉物野菜はその形状がバラバラで、シワや細い溝のあるものも多く水洗いだけでは農薬はおろか、土埃などの汚れも取れないこともありますよね。あまりに汚れが取れない場合は、面倒になり切り落としてしまうこともあるのではないでしょうか。

野菜の根元などは切り落としてもかまいませんが、食べられる場所を切り落とすのはもったいないですよね。しかも、野菜や果物の価格は年々高くなっているため、少しくらい汚れていても大丈夫と食べてしまう方もいます。もしそのなかに残留農薬が溜まっていたとしたら…そう考えるとちょっと控えた方がいいかも知れません。どちらにせよ、しっかり洗うことが必要ですが、水洗いだけでは不十分であればどうしたらキレイに残留農薬を落とせるのかが問題です。

今、残留農薬を落とせるとして注目されているのが『オゾン水』です。詳しくお話していきます。

オゾン水で野菜や果物の農薬を落とせる裏付け

オゾン水はさまざまな効果があるのですが、その前に少しお話しておきたいことがあります。それは、残留農薬を落とせるスプレーがあると話題になったことがあるのですが、ご存知でしょうか。

【間違った情報には注意】
正式な名前は伏せますが「○○シャワー」というもので、某ブロガーがネットで紹介したことで炎上したそうです。野菜や果物についた農薬がサッと落ちるという優れものらしく、どんな成分が含まれているのか調べてみたのですが、その結果99.9%純水のアルカリイオン水と0.1%の炭酸カリウムであることがわかったのです。

実はこの○○シャワー、アフィリエイトというネットビジネスの1件成約ごとの報酬が高いため、アフィリエイターがこぞって宣伝していたというわけがあります。宣伝自体は何も批判される要素はないのですが、宣伝の際に『ミニトマトへの農薬使用の回数が49回という事実無根な表現』が炎上のきっかけとなっていたのです。農薬の散布は回数ではなく成分でカウントするので1成分ずつ49回散布されるわけがありません。

あとから、これを宣伝した方はネット上で謝罪をしていましたが、ほとんどが水でできていて尚且つ強いアルカリ性なら、重曹の方がマイルドな弱アルカリ性で安全に使えて洗浄力も強いんです。間違った情報には充分注意してくださいね。それでは本題のオゾン水についてお話します。

【オゾンの効果について】
『オゾン』というと、想像するのが地球の外側にあるオゾン層ですが、わたしたちの住んでいる地上にもオゾンは微量ながら存在しています。そのオゾンは森や海などの自然界に普通に存在し、空気をキレイにしています。なぜ、オゾンが空気をキレイにするかというと、それはオゾンという気体の成り立ちにあります。

一般的にはオゾンと聞くと、オゾンホールの悪いイメージが強い方が多いかもしれません。ですが、オゾン水による農薬の除去メカニズムはとても簡潔です。オゾン(O3)は極めて不安定で反応性が高く、すぐに細菌やウイルスと反応して、もとの酸素に戻ろうとする特徴があります。つまり、雑菌や臭い物質と反応することにより、脱臭や除菌が行えるのです。この作用により空気がキレイになります。

さらにオゾン水に関しては各所で研究開発がなされ、その有効性が注目されているのです。このオゾンが農薬と反応すると、農薬が分解されるということが『水中農薬の塩素およびオゾンによる分解について』という研究論文でも報告されています。このオゾンのいいところは、農薬と反応したあとは酸素に戻り完全無害化されるということ。残留性もないことから、厚生労働省が定める食品添加物としても認められている優れた物質なのです。

また、オゾン水は野菜や果物の鮮度保持効果にも優れた効果を発揮して認められていることから、最近では農家や飲食店だけではなく、健康志向が高い一般家庭でも知られ家庭用のオゾン水生成器が普及しています。このような研究内容からみても、オゾン水で農作物を洗うことは特におすすめです。